夕陽の思った事

yuuhiyuuのブログ

TCFDは民間組織であり、提言の対象も民間企業である。

企業は自らの事業活動へのリスクを洗い出し、株主らステークホルダーの要望を的確にとらえてこたえる必要がある。
それは同時に、企業自身の戦略に柔軟性を与えることにもなるだろう。
投資家にとっても企業にとっても開示は望ましい。
またリスク情報に基づく適切な投資判断と資産評価は金融市場の安定に寄与し、低炭素経済への移行を円滑に進めることに貢献すると考えられる。
TCFD報告は気候変動によるリスクを、気象災害が生産や流通に直接的に被害を与える物理的リスクと、政府が温暖化ガスの排出規制を強めたり炭素税を課したりするなど政策変更で生ずる移行リスクに分類した。
移行リスクには政策変更のほかに、消費者の嗜好の変化や新技 術・代替品の台頭など直接・間接に影響を及ぼす様々な要素が含まれる。
移行は企業にとってリスクばかりではない。
温暖化ガスの排出が少ない製品やエネルギー供給などの新規事業への参入と成長をもたらす機会でもある。
報告書は企業の主要な財務報告書での開示を提言した。
金融機関と非金融の4部門について開示のガイドラインも示している。
ガバナンス、戦略、リスクマネジメント、指標・目標の設定の4点で気候変動リスクへの対応策を示すよう求め、シナリオ分析の提示を促した。
地球の平均気温の上昇を産業革命以前の2度未満、あるいは1.5度にとどめる目標の実現に向かって動く際などに、顕在化する可能性のあるリスクと機会を分析し示すものだ。
ガイドラインに基づく開示 を通じ、気候変動リスクを同じ文脈で共通言語を用いて語れるようになる。
TCFDは民間組織であり、提言の対象も民間企業である。
それはさておき、「電動ウォーカー」についての情報です。
ウォーカー
時速0.1キロ単位で調整することができ、最高速度は時速8キロまでとなっており、ウォーキングから軽いランニングまでできます。
慣れないうちはハンドルを持ちながら歩いたり走ったりできますし、デジタル表示パネルは見やすく、わかりやすい操作となっています。
本体を少し傾けて設置することによって負荷をかけることができるのですが、傾け方はおよそ6度と膝に負担がかからない傾度となっていますのでちょうど良い感じになっています。

内臓脂肪や皮下脂肪を落としていくダイエットサプリなのです。

景気回復で働く人は増えた。
総務省が発表した6月の完全失業率は2.8%と、日本経済はほぼ完全雇用の状態にある。
相続税や贈与税の算定基準となる17年分の路線価は標準宅地で前年を0.4%上回り、2年連続のプラス。
日経平均株価は2万円前後で推移する。
雇用の安定と資産価格の上昇は、消費者心理を前向きにする。
価格が高くても、価値を認めれば消費をする環境は整っている。
内閣府国内総生産と同じ手法で計算した足 元の実質消費は14年4月の消費増税前の水準をほぼ回復した。
ただ連合によると17年の賃上げ率は4年ぶりに2%を下回った。
全人口の27%を占める高齢者には賃上げの恩恵が届きにくい上に、物価の低迷で年金受取額が3年ぶりに引き下げられた。
生活に身近な商品には、支出を切り詰める動きが残る。
値上げの春。
今年の春、人材確保に向けた賃上げと原材料の値上がりを受け、ティッシュやバター、はがきなど身の回り品で値上げが相次いだ。
しかし、店頭の顧客は、単純な値上げはなかなか受け入れない。
節約志向を映すのがインターネット通販だ。
スタートトゥデイが運営する衣料品販売サイトゾゾタウンでは低価格帯ショップの出店が増えている。
飲料や洗剤などの身の回り品も ネットで買う人が増えた。
いまやネットを使った支出総額のうち13%が出前を除く飲食料品だ。
消費回復の壁は20年デフレで根付いたデフレ思考だ。
値動きの大きい生鮮食品を除く6月の消費者物価指数は前年比0.4%の上昇にとどまった。
BNPパリバ証券の分析では、各品目の支出割合を加味すると、全体の42%は今の景気回復期を通しても年平均の変化率がプラスマイナス0.5%の範囲にある。
で次は、「スリムフォー」に関するお知らせです。
スリムフォー
毎日の食事で摂取された栄養素がグルコースに変わり、エネルギーとして使用されなかったものは、体脂肪として身体に蓄積されます。
スリムフォーだけの力で痩せるのではなく、食事によるカロリー制限や運動を行うことによって、体内の余分な脂肪をエネルギー化させることが出来、内臓脂肪や皮下脂肪を落としていくダイエットサプリなのです。
機能性食品とは、事業者の責任において特定の保険の目的が期待できることを科学的に証明することが出来た食品で、製品に機能性食品という表示をつけることが認められています。

研究チームは川越が暑くなる科学的な理由も考察した。

チームは2006年、ボランティアの助けを借り、首都圏に独自の観測網広域メトロスを作った。
小学校の百葉箱などに気温の自動測定器を置き、10分ごとの測定データを収集・分析する。
観測点は約200カ所。気象庁が同地域で展開する気象観測システムアメダスより1桁多い。
約10年に及ぶ研究の結果、観測範囲内で日本有数の暑い都市として知られる同県熊谷市よりも、川越の方が典型的な夏日に1~2度気温が高いことを突き止め、今年5月末に英気象学会誌に発表した。
三上名誉教授は測器 は厳密に検定しており、精度は十分と考えると胸を張る。
気象庁は1974年、気温や雨量を自動観測するアメダスの運用を始めた。
現在はほぼ21キロ間隔で日本列島を網羅する高密度の観測網だ。
しかし残念なことに川越市にはアメダスがない。
近隣の熊谷やさいたま市から10キロ以上離れた空白地帯になっている。
日本の過去の最高気温トップは13年8月12日の高知県四万十市江川崎の41.0度だ。
2位は07年8月16日の40.9度。
熊谷と岐阜県多治見市で観測された。
この日、広域メトロスでは、川越は41.6度だったという。
三上名誉教授は気象庁の観測点があれば、日本最高になっていたはずだと振り返る。
ちなみに、アメダスがない市区町村でも気温の予報は出ている。
これは気象庁の数値予 報と呼ばれるシミュレーション結果から推定される情報だ。
ただ予報はしても観測記録がないので、宿題の答え合わせをしていない状況がずっと続いている。
研究チームは川越が暑くなる科学的な理由も考察した。
主な要因は2つ。
1つは東京湾相模湾を北上する海風が東京のヒートアイランドに遮られ、約40キロ風下の川越に届く時刻が近隣よりも遅くなることだ。
話は変わって、出かける前に足の臭い対策としておすすめの【足サラ】を軽く振って足にスプレーしておけば、長時間汗と臭いを抑えることができます。
足の裏以外に、足の甲、膝の裏側、太ももの裏側の臭い対策にも使えます。
また、シャクヤクエキス、ローズマリーエキス、エイジツエキスの天然成分がかかとの角質を整え、保湿、保護をしてくれます。
足臭い対策おすすめ

現状の品質に満足せず、さらに良いものにしようと改良を重ねています。

ほかに米名門ホテルウォルドルフ・アストリア・ニューヨークなどホテルや金融に投資した安邦保険集団、リゾート運営クラブメッドや北海道の星野リゾートトマムに投資した復星集団ドイツ銀行筆頭株主である海航集団が含まれる。
イタリアのプロサッカーチーム、A Cミランの買収に関わった浙江羅森内里も挙がる。
いずれも借り入れを膨らませて大型の買収を繰り返してきた。
中央政府所管の大型国有企業ではないが、党幹部やその親族と接点があることで信用力を高めてきた。
例えば安邦トップの呉小暉董事長は鄧小平氏の孫娘と結婚したとされ、江沢民国家主席とも近いとされる。
だが、短期で高利回りの資金を集めて外国に投資する手法は、海外で資産価格が急落すれば国内融資も焦げつき、海外の経済危機が中国に一気に波及する恐れがある。
習近平国家主席は4月、金融の安全は国家の安全と市場の不安の芽を早めに摘む方針を表明。
今回の調査は、党幹部と近い企業でも金融システムの不安定要因になるならば容赦しない強い決意を示したといえ る。
秋に控える党大会を前に政治闘争が波及した面もありそう。
これら企業の経営に関わる党幹部の親族が、海外買収を装い、国内から海外に資産を移したとも指摘される。
安邦の呉氏は6月、規律違反の疑いで当局に拘束されたもようだ。
資産移転の抜け穴をふさぎ、習氏が重視する反腐敗運動の手綱を緩めない姿勢を示す狙いがありそうだ。
22日にはこれら企業の株価や債券が下落した。
万達の債券価格は最大2%超下落。
深?市場に上場する万達電影の株価も前日比9.9%下がった。
香港や上海に上場する復星のグループ企業の株も売られた。
で次は、「ファンケルのマイルドクレンジングオイル」に関する情報です。
ファンケルマイルドクレンジングオイル
更に、現状の品質に満足せず、さらに良いものにしようと改良を重ねています。
その売り文句はなんといっても「こすらずするんと落とせるオイル」です。
肌に必要のない添加物を一切使わないというブランド方針は守られたまま、メイクの落としやすさ、その際の肌への負担をなくす技術への評価は非常に高くなっています。

組織に縛られない自由な働き方を得る半面、雇用は不安定。

ITビッグ5も雇用を増やしてはいる。
際立つのが、インターネット販売の拡大に応じて配送センターの整備を急ぐアマゾン。
全世界で10年前の1万4000人から34万人に増えた。
今年1月には1年半の間に米国で10万人の常勤労働者を採用する計画をぶち上げた。
だが既存小売業を侵食するアマゾンの雇用増は小売業 の失業増と裏腹だ。
短期的に小売業の失業を吸収したとしても厳しい労働環境もあって離職率は高い。
長期的にはロボットで自動化される可能性が高く、若い人たちが生涯、勤め上げる仕事とは言いにくい。
アマゾンも認識している。
一定期間勤めた従業員に費用の95%を先に支給する資格取得支援プログラムを用意。
ジェフ・ベゾス最高経営責任者はアマゾンの仕事は他の分野でのキャリアのステップかもしれないと、離職後の備えとの側面を認める。
新たな技術は新たな需要の母となり、新たな仕事を生んできた。
だが蒸気と電力による人海戦術型の産業革命を経て、コンピューター化による第3次革命で潮目は省力化へと変わった。
人工知能を軸とする第4次革命で少数精鋭の傾向はもっ と強まる。
こうした変化に取り残された低技能の白人労働者層の不満が、トランプ政権を生み出した。
バンクオブアメリカ・メリルリンチマイケル・ハートネット氏は金融危機後にウォール街を占拠しろと主張するデモがあったが、これからはシリコンバレーが標的になりかねないと指摘する。
ITは自分の得意なことを自分の都合のよいときに提供する新たな労働の姿を生み出した。
一夜限りの演奏になぞらえたギグ・エコノミー。
組織に縛られない自由な働き方を得る半面、雇用は不安定。
また、次は「高圧洗浄機の選び方」について。
高圧洗浄機選び方
高圧洗浄機の動力源は大別して、3種類あります。
「インジェクション(誘導)モーター」と「ユニバーサルモーター」と「ガソリンエンジン」の3つです。
インジェクションモーターは周波数の違いに応じて、東日本(50HZ)西日本(60HZ)と使用可能地域が異なります。

単一市場に残れるよう英政府に圧力をかけると意気込む。

立ち姿ももちろん大切ですが、見落とされがちなのは座った時のスカート丈です。
受験の際、面接官は、どうしても色の境目である膝に目がいきがちになります。
面接の際も、膝、足の揃え方はどうしても目に入ってしまうものです。
そんな時に、お受験スーツの短すぎるスカート丈は品を損ないますし、長すぎてもだらしない印象を持たれるため、座った時に膝がのぞく程度の丈を選ぶことが、とても大切になってきます。
お受験スーツ
それはそうと…メイ氏が率いる保守党は8日の総選挙で過半数割れとなった。
メイ氏は下院で多数勢力を確保するために、北アイルランド保守系地域政党民主統一党と26日に閣外協力で合意。
DUPの賛成を 得て施政方針の可決に持ち込んだ。
ただ、採決では最大野党の労働党など野党勢力はこぞって反対に回り、賛成票は反対票を14票上回っただけ。
労働党などが出したEU単一市場残留などを求める修正案はいずれも否決されたが、軒並み僅差だった。
DUPの協力がなければきつかった。
少数の造反が出れば重要法案を通せないメイ氏の政権基盤のもろさが早くも露呈した。
課題は山積している。
最大の懸念は、EU離脱を巡る保守党内の不一致だ。
政権ナンバー2のハモンド財務相は最優先は雇用と景気だと繰り返し、離脱交渉でEUとの経済関係を重視するよう声を強めている。
単一市場の撤退など強硬な離脱を志向するデービスEU離脱担当相らはこれに反発する。
EUと19日に離脱交 渉を始めたが、今のメイ氏に党内をまとめる力はなく、離脱戦略そのものが揺らぐ。
内政でも火種はある。
スコットランド民族党スタージョン党首は27日、英国からの独立を問う2度目の住民投票の早期実施計画を棚上げすると表明する一方、住民投票を実施する方針に変わりはないとも強調した。
単一市場に残れるよう英政府に圧力をかけると意気込む。
DUPとの閣外協力も盤石ではない。
メイ氏は北アイルランドへの約10億ポンドの配分を約束したが、フォスター党首は長年恵まれなかった北アイルランドへの支援が必要と強調し、さらに要求を強める姿勢も見せる。

当初見込んだほどの相乗効果を出せなかった。

現時点で売り場にヤマダ独自の商品はない。
既存店の改装を含め新型店の数を増やしながら、ニトリのように家具や雑貨で独自ブランド品の製造小売りを展開する計画だ。
山田会長はデザイン性の高い家具もニトリとは違う品ぞろえにするという。
店から200メートルほど歩くと、ヤマダ直営の大型家電店、さらにそのすぐ向かいには子会社が運営するモデルハウスがあった。
3つの施設が相 互に客を送り合い相乗効果を狙う。
桑野光正社長はそれぞれの店舗を融合した新型店も計画していると話す。
家電市場の低迷でヤマダの17年3月期の売上高は約1兆5千億円と、ピークの11年3月期から6千億円ほど減った。
今後数年はテレビなどの買い替え需要が見込まれるが、山田会長は人口減少が進み、昔のように家電が売れる時代には戻らないと危機感を示す。
家具も成長市場とはいえないが、中小事業者中心で最大手のニトリでもシェアは数%とみられる。
大手5社でシェアの多くを占める家電流通とは競争の厳しさが違う。
家電に比べ単価が小さくても利益率は高いのも家具の特徴。
実際、16年度のニトリ売上高営業利益率は16.7%とヤマダより13ポイント高い。
その結果、売上高 はヤマダがニトリの3倍なのに対し、営業利益はニトリの方がヤマダを5割上回った。
家具や雑貨を扱うことで女性客が増え、来店頻度も高まるとの期待もある。
ヤマダは11年以降、住宅と住設機器のメーカーを相次ぎ買収したが、家電と家ではユーザーの志向を合わせられず、当初見込んだほどの相乗効果を出せなかった。
家具や雑貨を間に挟むことで、送客などの連携をとりやすくする。
くしくもこの日、ニトリが東京・渋谷に大規模な店を開いた。